南京现在有活的场子

見て、静けさを評価してください。

この3分間で、ステージは世界の議長によって支配されているようです。バンドは、彼らが構築した世界に包まれています。通常、誰も入ることも、邪魔することもできません。それは、素人でもそれを感じることができる方法です。勢い

音楽が止まると、佐久間正英が率先してこう言った。「そんなバンドでもバンド天国に来ても、ショーの水準に疑問を呈する人はいないだろう。

これは非常に高い評価だ。

あなたはビジュアル部門だと思っていた。吉田建はしばらく考えていた音楽スタイルですが、メタルバンドというより「アーティストロッカー」と言いたいのですが

、バンド名としての小説家の小説でも、文学的雰囲気あふれる現代的な

アートロックという言葉も素晴らしいです。完全な歌詞や、彼ら自身が持っている面白くて動かない精神はすべて、彼らの文学的な側面を明らかにしています。文学

という言葉は決して軽蔑的な言葉ではありません

。テレビの前の田島隆夫が正面を見ています。バンドのパフォーマンスにはそれほど強いアイデアはありませんでしたが、人間の椅子のパフォーマンスを見た後、アイデアが思い浮かびました。対戦相手はここにいます!

これは今夜登場する多くのバンドの中で最初のバンドであり、彼は彼らを称賛する強い衝動を持っています。但馬隆夫は彼らが勝つことができると考えています。レビュアーが重金属を嫌わなければ、

もちろんレビュアーは正しくありません。この種の音楽は偏見があります。また、ヒューマンチェアのパフォーマンスは申し分のないものであるため、通常は

ショー以来最高のスコアを獲得するはずです。この時点で、ショーはすでにヒューマンチェアのパフォーマンスの3分の2に進んでおり、観客を驚かせています。多くの人が理解していなくても、理解した南京桑拿论坛くなく、重金属

が好きではありませんが、人々はとても奇妙です。時には、3日または3時間しか続かないこのような動きがあります。この前例のない動きが心の中で動いているときでも。好きになったことがないので、愛想が良くて立派だと思います

。こんなに高いパフォーマンスでパフォーマンスをした後、登場するのは残念です。前もって舞台裏に来ると思っていたこのバンドの爆発的なパフォーマンスを見ました。後ろのバンドが先に来ました。精神的な準備をせずに勢いの半分を吹き飛ばします。

おもしろいです。バック南京桑拿网グラウンドで、ローブの4人の