南京 夜生活 论坛

ることを敢えてしますか?」

「少なくとも血液代謝が完了するのを待たなければならないなら。半年待ってください。」

イェ?チンスアンは首を横に振った。「時間がない」

「休憩しよう」

羅は手を伸ばして頭の後ろをそっとこすりました。めったに、彼女はそっと言いました。「あなたがしたことは十分です。自分にあまり圧力をかけないでください。」

イェチンスアンは目を閉じて後ろに寄りかかった。しばらくすると、ローラの腕に1インチのように寄りかかって、この珍しい優しい治療を楽しんだ。久しぶりに、彼女は軽く言った。

「ローラ、とても優しいとき、彼女は抵抗のない人に静かにヒントを与えます。メンタリティを見直しに来ませんか?恐ろしいです。」

ローラの指は一瞬固くなり、ため息をつき、少し上がった尾の指は元の形に戻った。

「心配しないでください、私はとても目覚めています。」

イェ?チンスアンは目を開けて軽く言いました。「さらに、プレッシャーにさらされているの南京桑拿夜网は私だけではありません。」

「マクスウェルは今じっと座っていることができないのではないかと心配していますよね?」

アンジュ宮殿の下のPrivyCouncilのLuは煙で満たされ、Maxwellは灰皿を取り、タバコの尻の山をゴミ箱に捨てました。

「それで十分だ、マクスウェル。」

光の下で、首相は低い声で彼を見ました。「彼は少しやりすぎです。命令は中立的な組織ですが、第5改正法によれば、すべての教会は命令によって直接統治されています。 、教えに従って行動します。

法的に言えば、彼がしたこと南京桑拿按摩は国の領土に侵入することと同じです。聖なる都市は放って

おかれません!」「正直なところ、私は彼がこれをすることを期待していませんでした。 「

マクスウェルは頭をかいてそっとため息をついた:。」?しかし、狂った年上の紳士を通り抜けなかった若い年齢の若いことは、理解と理解に与えられるべき

です。」「狂った?」

首相は静かに長い沈黙。ため息:「少し心配です。私たちの将来の剣の持ち主はただ夢中になっているだけではありません。正直なところ、剣の持ち主の約束の手紙に署名したことを後悔しています。

女王陛下が印章を使用したとしても、今日はどうしたらよいかわかりました。彼に反対してあなたの立場をとってください。」

マクスウェルは目を転がして、「後部銃はこのように使われていません。その上、石の中の剣は完璧な剣です。彼は石の中の剣と仲良くしてい